のおもちゃ 人気ランキング

2023年版

2023年1月21日

賢くて好奇心旺盛な猫にとって、退屈な時間はストレスに感じます。
愛猫にぴったりのおもちゃを選び、楽しい時間を過ごしませんか?

子猫から老猫まで、猫との遊びは飼い主にとっても楽しいだけでなく、猫にとっても健康で豊かな生活を送るために大切なことなのです。猫にとって、生涯を通じて心身ともに活動的に楽しく過ごすことは欠かせません。特に室内飼いの猫や単独飼いの猫の場合、多くの刺激が得られないため、遊びを取り入れる工夫が必要です。

猫のおもちゃは、猫の原始的な本能を考慮し、猫の感覚を研ぎ澄ますことを目的として設計されています。猫の年齢や興味を引くものに応じて、最適な猫のおもちゃを選ぶことで何時間も楽しむことができます。さらに、獲物に飛びついたり、ジャンプしたり、蹴ったり、爪とぎしたりすることで、健康的な身体を維持することもできます。

猫と暮らしているなら既にお気づきしれませんが、猫は興奮するもの、退屈するものに対して、好き嫌いが激しいところがあります。そのため、猫にぴったりのおもちゃを選ぶことはとても大切です。

本記事では、猫を楽しませるのに最適な猫のおもちゃをご紹介します。

人気ののおもちゃの紹介

猫のおもちゃには、いくつかの種類があります。種類によって使い方が異なり、猫の健康と幸福のために役立つ目的も異なります。最もおすすめなのは、引っかいたり、爪とぎしたり、狩りをしたり、飛びかかったりするような、ストレスを発散させる自然な行動を再現できる猫のおもちゃです。現在市販されている最も人気のある猫のおもちゃを紹介します。

猫キックにこだわったぬいぐるみで、全猫種に対応しています。猫が蹴りやすいように細長い形状になっていて、さらにマタタビの実が入っているので、猫も大喜び間違いなしです!見た目も可愛いので、飼い主も猫と一緒に楽しい気分になれそうですね♪

ペティオ 猫用おもちゃ けりぐるみ エビ

猫を魅了する多彩な動きで、人間の手では難しかった動きを実現した電動の猫じゃらしです。急に動いたり、止まったり、くねくねしたり、逆回転したり、予測不可能な動きで、スピードも4段階から選べるので猫も飽きずに楽しく遊べます。

猫壱 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン

ねずみの柄、蝶の柄、スマイルの柄、ドットの柄、五角星の柄の5種類の模様から設定ができ、左右に動かし、猫が追いかけてきて遊ぶことができます。LEDライトなので、猫の目を痛めることもありません。

Diestord 猫 おもちゃ 7in1多機能 LEDライト1
Diestord 猫 おもちゃ 7in1多機能 LEDライト2

鳥の羽をたくさん使って、野鳥をイメージした釣竿の猫じゃらしです。まるで生きているかのように動くので、愛猫の興味を惹きつけ狩猟意欲をかきたてます。

キャティーマン じゃれ猫2
キャティーマン じゃれ猫1

猫の体にぴったりフィットするすり鉢型の爪とぎ用ベッドの2段のタワータイプです。1匹で広々使うことも、2匹が同時に使うこともできる優れものです。

猫壱 バリバリボウルタワー

アメリカをはじめ、世界中で人気のある定番の猫のおもちゃです。投げる、追う、キャッチする、噛む、舐めるなど、愛猫の運動のお供にも、ストレス解消にも、飼い主とのふれあいにも、一人遊びにも最適な猫のおもちゃです。

SmartyKat SkitterCritters Catnip Mice キャットニップ ネズミ型 投げるおもちゃ
SmartyKat SkitterCritters Catnip Mice キャットニップ ネズミ型 投げるおもちゃ2

各層のボールが別々に動くようになっており、手に入れたいけど手に入れられないという、まさに猫が大好きなタイプの不思議なおもちゃです。愛猫が飽きずに夢中になって遊べる知育玩具は猫のおもちゃの中でもおすすめの1つです。

Aritan 遊ぶ盤 ペット 回転 ボール

猫が走る、追いかける、隠れる、くつろぐ、そして、遊ぶのに最適なトンネルです。3つのトンネルがあり、運動や独自性のある遊びを楽しむことができ、複数の猫が遊ぶのにも適しています。また、入り口にはボールがあり、より楽しみが増します。

Smandy 猫用トンネル

おやつをあげながら、押したり転がしたりして楽しめる猫用の知育玩具です。2段階で穴の数を変えられるので難易度を調整することができます。日頃の運動不足解消にもおすすめです!

PetSafe ねこ用おもちゃ エッグササイザー

猫におもちゃは必要?

猫のおもちゃは、単なる遊び道具ではありません。問題行動を防ぐためには、猫のおもちゃで遊ばせることが必要です。箱や入れ物、猫じゃらし、目の前にぶら下げて遊ぶアクティブな猫のおもちゃは、エサ探し、獲物探し、遊び、ひっかきといった猫の欲求を満たしてくれます。

さらに、猫のおもちゃの中には、猫が走ったり、ジャンプしたり、心身ともに刺激を受けることができるものがあります。その結果、猫が肥満や糖尿病など、運動不足を原因とする病気にかかる可能性を低くすることができます。

猫におもちゃを与えるメリット

猫のおもちゃは、愛猫が健康で幸せな生活を送るために効果的です。上記でご紹介したように、猫のおもちゃは、エサを食べる、狩りをする、遊ぶ、ひっかくといった、猫にとって基本的かつ不可欠な行動を助ける役割を果たしています。さらに、インタラクティブな猫のおもちゃを定期的に使用することで、次のような効果も期待できます。

  • 猫が活動的になり、肥満のリスクを軽減する

  • 飼い主と猫の絆を深める

  • 退屈を和らげる

  • 猫の攻撃性をうまくコントロールできるようになる

  • 筋肉をつけ、健康的な新陳代謝を促す

  • 不安やその他の問題行動のリスクを軽減する


猫のおもちゃはどれも同じというわけではありません。例えば、偏食気味の猫にはキャットニップを使った猫のおもちゃが食欲を増進させるかもしれませんし、攻撃的な猫にはアクティブな猫のおもちゃが興奮状態を緩和させるかもしれません。

最適な猫のおもちゃの選び方

どのように愛猫にぴったりなおもちゃを選べば良いの?

猫は個性的で、好き嫌いが激しい生き物です。愛猫の習性に合ったおもちゃを選ぶことが何より重要です。飛び跳ねるのが好きな猫には、飛びついて遊べるような形のものが良いでしょう。もし、足元からこっそり攻撃するのが好きなら、待ち伏せできるようなものが良いでしょう。特に、獲物のように見え、獲物のように動くおもちゃなら、猫は大喜びで遊んでくれるはずです。

猫は色よりも模様に敏感なので、鮮やかな色よりも縞模様や斑点に興味を示すことがあります。また、猫は動きにとても敏感なので、動きがあるものや、動かせるものなら、より興味を示す可能性があります。さらに、猫は光の点を追いかけるのが大好きなので、最近ではレーザーのおもちゃが人気な猫のおもちゃの1つですです。一方、キュッキュッと音がするおもちゃは、猫によって好みが分かれやすいです。

どのようなおもちゃを選ぶにしても、弾力性と安全性を考慮するようにしましょう。猫は犬のようにおもちゃを噛んで破壊することはありませんが、壊れた場合に鋭い角や突起が残るようなものは避け、かけらが喉に詰まるようなものがないことを確認しましょう。

他にどんなことに気をつければ良いの?

  • 猫のおもちゃは、犬のおもちゃのようによだれがいっぱいつくことはありませんが、洗濯ができることは間違いなくプラスポイントです。

  • 猫のおもちゃの中には、おやつを隠すための小道具が付いているものもあり、猫がおもちゃと触れ合うきっかけを作ったり、怠け者の猫がおやつを欲しがったら、ちょっと運動させることもできます。もちろん、おやつのあげすぎはよくないので、やりすぎには注意しましょう。

  • さまざまな種類の猫のおもちゃを用意するのもよいでしょう。猫は飽きっぽいので、前日に楽しんでいたおもちゃでも、次の日には興味を示さないことがあります。電動の猫のおもちゃや1人遊び用のおもちゃもありますが、できれば飼い主と一緒に遊べるものを選びましょう。

猫のおもちゃの種類

登れるタイプののおもちゃ

猫は高いところを好む子もいれば、低いところを好む子もいます。もし愛猫が「登るのが好き」なタイプかもしれないと思ったら、タワータイプのおもちゃや窓際、壁に取り付ける装置など、猫が高いところで散策したりくつろげるようなオプションを与えてあげましょう。

隠れるタイプののおもちゃ

家の中の狭い場所を好む猫には、隠れ家を用意してあげましょう。新しい猫には安心できる場所となったり、そうでない猫にとっても穴の中に入ることは楽しさが倍増します。隠れ家には、トンネルや定番のダンボール箱などがあり、猫に安心感と快適さを与えてくれます。ダンボールなら、簡単に手作りすることもできますね!

知育玩具のおもちゃ

知育玩具では、猫の脳を刺激してあげましょう。おやつやドライキャットフードを入れてご褒美を狙うものや、ボールやおもちゃを中に入れて見つけるタイプのものなど、猫が飽きないような工夫がされています。

追いかけるタイプのおもちゃ

羽のおもちゃやねずみのおもちゃ、ボールのおもちゃなど、猫が自主的に動き回って追いかけることができるおもちゃは、数多くあります。このようなおもちゃは、飼い主が一緒にいないときでも猫を楽しませることができます。また、猫が好奇心旺盛な場合は、電動の猫のおもちゃでハンター気分を味わってもらいましょう。

猫じゃらしタイプの猫のおもちゃ

こちらも猫が追いかけるおもちゃですが、上記のおもちゃとは異なり、人と一緒に遊ぶ必要があります。愛猫の運動不足解消と飼い主とのふれあいの時間を与えてくれる魅力的なおもちゃです。

ボールタイプの猫のおもちゃ

ボールが床を移動することで、獲物を狙うような行動を再現することができます。また、鈴のついたボールなら、猫にさらなる刺激を与えることができます。

猫じゃらしタイプの猫のおもちゃ

一度はキャットニップを試してみる価値があります。すぐに活発的になる子もいれば、リラックスしてボーッとする子もいます。キャットニップは、密閉できる容器で保管しないと、時間が経つにつれて効力がなくなりますが、多くのおもちゃは、ニップが切れた後でも、叩いたり追いかけたりして楽しむことができます。

ひっかくタイプの猫のおもちゃ

すべての猫には、ひっかくエネルギーのはけ口が必要です。家具をひっかくことなどを避けるためにも猫用の優れた爪とぎ用のおもちゃをおすすめします。ひっかくということは本能的な行動であり、鋭い爪を研ぐのにも役立ちます。

猫のおもちゃで遊ぶときの注意点

小さな部品に注意する

幼い子に飲み込みやすい部品のあるおもちゃを与えないのと同じように、猫に与えるおもちゃにも注意が必要です。窒息の危険がないかどうか、十分に注意してください。特にひも類は、猫がひもを飲み込むと、命にかかわる事態になることがあります。猫が目の届かないところで、ひもやひものようなもの(輪ゴム、ブレスレット)で遊ばないようにするか、遊び場にはこれらのものを置かないようにしましょう。

ラベルを確認する

ショップで猫のおもちゃを購入する場合も、家で猫の手作りおもちゃを作る場合も、猫が遊ぶおもちゃの素材を確認してください。有害な材料を使っていないことを確認しましょう。

触れ合う遊びでは、猫を勝たせるようにする

遊びの最後には、獲物を捕らえさせ、猫が喜ぶおやつをご褒美としてあげましょう。例えば、レーザーポインターに飛びつかせるなどして、勝利の気持ちを高めてあげましょう。そうすることで、猫がおもちゃに執着しすぎるのを防ぐことができます。

遊び中の猫の様子を観察する

特に長時間の遊びの時は注意が必要です。過呼吸になっていないか、暴れすぎていないか、必要に応じて休憩を入れます。

愛猫が喜ぶおもちゃを見つけるのは、多少の試行錯誤が必要かもしれませんが、時間とともに、愛猫との絆を深め、幸せにする最高の方法がわかってくるはずです。

よくある質問

なぜ猫はおもちゃを水に入れるの?

多くの猫は、水飲み用の容器の中におもちゃを落とす行動を見せます。その理由を明確に説明することはできませんが、猫の行動学の研究者はいくつかの説を挙げています。最も可能性が高いのは、猫が自分の縄張りだと思う場所、つまり食事や飲み物をとる場所におもちゃ、つまり「獲物」を持ち帰るからだそうです。初めておもちゃを水の中に落としたとき、猫はその行為が刺激的だと感じたのかもしれません。あるいは、水飲み用の容器の中が獲物を保存する場所として認識されているのかもしれません。最終的に、猫がおもちゃを水に入れる理由ははっきりしませんが、猫の狩猟行動や縄張り意識の延長線上にある自然な行動であることは間違いないようです。

なぜ猫はおもちゃを持ち歩くの?

これも明確な答えのない猫の行動です。獲物であるおもちゃを近くに置き、競争相手から遠ざけることで、狩猟本能や縄張り意識を満たしているのかもしれません。しかし、それとは逆に、子猫のようにおもちゃをあちこちに移動させて、親としての本能を表現している可能性もあります。今のところ、この行動の理由は、あくまでも推測に過ぎません。

猫に噛むおもちゃは必要なの?

ハムスターのようなげっ歯類のペットは、歯がどんどん伸びていくので、噛むことで歯を維持する必要があります。猫はそのようなことはなく、噛むことに生理的な必要性はありません。むしろ、噛むという行為は、猫によっては娯楽として楽しまれているのです。

の年齢/種別のおもちゃ

運動制限のある猫のおもちゃ

関節炎や関節の問題は、が高齢になるにつれて多く見られることです。獣医師が推奨する治療や痛みのコントロールと同時に、猫が以前のように自由に動けなくなっても、「猫らしい」ことをする方法を与え続けることが大切です。ただし、動きや持久力などには十分な注意が必要です。

つかみやすい大きさのおもちゃ、ゆっくり動く電動の猫のおもちゃ、体をあまり動かさずに遊べる仕掛けのあるおもちゃなどが適しています。また、ソファのすぐそばや床の上など、猫が飛び跳ねる必要のない場所に置くとよいでしょう。

子猫のためのおもちゃ

子猫のエネルギーは半端ではありません。歩けるようになると、すぐに遊び始めます。これは社会性を身につけるために重要なだけでなく、本能的な能力である狩りを磨くのにも役立ちます。飼い主の手や足ではなく、おもちゃを使ってその狩りの練習をし、自分自身を楽しませる方法を身につけるのに、猫のおもちゃは大きな役割を果たします。

噛み切ってしまうようなおもちゃやひも状のおもちゃは避け、子猫が誤って飲み込んでしまわないようにしましょう。子猫が絡まる可能性のある長いひも状のおもちゃは、遊びを監視していないときは片付けておきましょう。

猫がおもちゃに飽きないようにする方法

猫がおもちゃに飽きてしまうのは、よくあることです。しかし、目新しく刺激的な遊びを続けるために、いくつかできることがあります。


  • 猫のおもちゃの約半分を片付けます。週に一度、出しっぱなしのおもちゃの2割を片付け、以前片付けたおもちゃと入れ替えましょう。猫はいつも何か新しいもので遊んでいるような気分になります。

  • 電動の猫のおもちゃは、猫が積極的に遊んでいないときは片付けてしまいましょう。猫はずっと出しっぱなしにしておくと、すぐに興味を失ってしまうようです。

  • 猫との新しい遊び方を試してみましょう。棒状のおもちゃは、必ずしもジャンプをするためとは限りません。地面を滑ったり、壁を登ったり、隠れてくねくねと動いたり、音を出したりすることもできます。毛皮製のネズミのおもちゃは、投げるだけでも楽しいですが、おやつと一緒にネズミを隠してかくれんぼをしたり、手作りおもちゃとして箱などに穴をあけてネズミを落とせば、猫は地面の生き物を捕まえる練習をすることができます。遊び方を工夫し、こまめに変化をつけましょう。


猫のおもちゃは、1人で遊んでいるときも、飼い主と一緒に遊んでいるときも猫の生活にとって重要な役割を果たしています。愛猫が豊かで充実した時間を過ごせるよう、ぜひ、愛猫にぴったりなおもちゃを見つけてみましょう!

こちらもご覧ください

ブログ、ガイドライン、よくあるご質問には、役立つような情報を掲載しています。